書籍・雑誌

2011年11月28日 (月)

小さなしあわせに気づく言葉

先日この本を見つけましたbook

     Img_7329

菜根譚”とは中国の古典。

その思想書が詰まった本です。

はっきり言ってプーさんは関係ないんですがcoldsweats01言葉にさらに説得力を持たせる挿絵でとても癒されますheart02

 

ここで少し抜粋しますと・・・

★いちばんふつうが、いちばんすごい★
派手に飾り立てられたものは、
取り繕った、偽物かもしれない。
本当にすごい人は、とても普通に見えるもの。

★なんでもないって、しあわせ★
なんでもないっていうことが本当はいちばん幸せ。
「もっともっと欲しい」と思うのが本当は、いちばん悲しい。

★つらさのなかに、よろこびがある★
辛いと思うときに、本当は面白さや喜びがあって、
得意満面でいるときに、辛さや悲しみが隠れているんだ。

★大きな花は、みんなの力で★
力で咲かせた花は、すぐに萎む花瓶の花。
手柄で咲かせた花は、捨てられる鉢植えの花。
葉っぱが茂る、大きな花は、
たくさんの人に支えられて咲いた野山の花。

★いつも同じ、青空にもどる★
どしゃ降りの雨も、雷もやがて雲ひとつない青空にもどる。
人の心も、どんなことがあっても同じようにもどる、
そんなふうでありたい。

★まぁるくまぁるく★
世の中はまぁるくまぁるく生きて行こう。
トゲトゲしたり、意固地になったりすると、
どこにいっても壁にぶつかる。
丸みのある、やわらかい人になろう。

★花を見るなら5分咲きで★
花は半分くらい開いたのがいい。
一番味わいがあるときだから。
ほどほど「で」いい訳じゃないんだ。
ほどほど「が」いいんだよ。

★生きてる音を感じよう★
ウグイスの声を聞くと、素敵だと思い
カエルの声を聞くと、うるさいと感じることがことがある。
でもその内面に目を向ければ、生きもの全てが、
自分らしく鳴いて、生きているんだ。

 

今まではこんなの全く関心無かったですcoldsweats01

現在の心理状態だからこそ出会うべくして出会った一冊なんでしょうねbook

読むと何だか軽い気持ちになり前向きに生きて行けそうですheart04

この本にも書いてますが「その時、その時で違うふうに感じる」正しくその通りだと思います。

また挫けそうな時の心の支えとして大事にしまっておきますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

怖いくらい当たる「血液型」の本

”怖いくらい当たる「血液型」の本”というタイトルに惹かれつい買ってしまいました。
血液型によって異なるのは”性格”ではなく”思考パターン”だとこの本では書かれています。なんせ読んでると笑い転げるぐらい当たってておもしろい☆血液型別に書いてるので家族・友達など身近な人のことを考えて読んでいくと楽しくて読み終えるのが惜しくなってきたのでわざとゆっくり読んだりしました(^・^)

ここに長いこと書くより一度読んでみてください!立ち読みできる200ページ!!(本屋さんに怒られるか^_^;)何回も読み直したり友達にもオススメしてます☆

気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本―あの人との相性、向いている仕事、人づきあいの方法まで! 気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本―あの人との相性、向いている仕事、人づきあいの方法まで!

著者:長田 時彦
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)